葬儀の基本ルールに迫る

再確認するべき葬儀のマナー

死亡宣告の流れ

人が死ぬと、医師から死亡診断書を受け取る必要がある。この際、自宅で逝去してしまうと自宅まで医師に往診してもらい、死亡診断書を書いてもらうこともある。この場合、特に急死のとき、事件性がないことを証明するために警察に通報し、判断を仰ぐ必要がある。
また、事故などで病院でも自宅でもない所で重体に陥り心肺停止となった場合、救急車で病院へ運び、病院に着いた瞬間に医師から死亡宣告を受ける「来院時死亡」と診断されることもある。こうした事故や事件での死去の場合、警察から死亡の連絡が関係者・家族に対して行われ、警察病院で対面、と言う流れになる。逝去した人物が本当に本人か、家族や関係者によって確認されるというわけだ。

安置してからの流れ

遺体は、死亡宣告のあと葬儀社との打ち合わせの結果、安置する場所へ移送される。たいてい自宅へ移されるが、中には葬儀社が用意する安置施設や、病院の霊安室に置かれたままになることもある。遺体の損壊が激しい場合は自宅に引き取らなかったり、葬儀社によって修復を受けたりするのだ。
安置している間に、葬儀の順番として寺との打ち合わせ、参列者への連絡、遺影の準備などが行われる。
やがて、遺骸は寺に移されて納棺され、通夜・告別式(葬儀)、そして火葬されて一連の法事の流れが終わるというわけである。たいてい、逝去から通夜・告別式までは数日あける。だが、夏場は遺骸の保管という点からその日数は短くなりがちである。
中には通夜を飛ばす「1日葬」や、告別式も行わない「火葬式」も存在している。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ