葬儀の基本ルールに迫る

葬儀のマナー(参列者側)

通夜・告別式への持ち物

通夜や告別式への服装から見ていく。通夜の場合、親しい人たちがとるものもとりあえず、取り急ぎ駆けつけるという建前が存在するため、通夜自体には平服で参加しても仕方がないとされている。しかし、現在ではスーツでも参列の方が望ましいという。
もちろん、告別式では黒や地味な色のスーツ、ワンピースが必要だ。腕時計と結婚指輪を除くアクセサリーは当然禁止だし、ネクタイや靴下も黒色でないとならない。女性のアクセサリーには細かい決まりがある。涙を連想する白の真珠が基本、ネックレスは一連、イヤリングも一粒タイプでないとならない。二連だと、「不運が重なる」と考えられてしまうため禁止なのだ。ストッキングの色も、肌色ではなく黒色がよい。
急な通夜には香典がなくてもよい。告別式には香典が必要。ふくさの色は紫など、暗い色が必要だ。
また、全員数珠が必要である。これは喪服のポケットに、事前に用意しておくとよい。

通夜・告別式の作法

通夜の作法として、最初に受付でお悔やみの言葉を述べる。その際に香典を手渡し、記帳をする。また、ここからは斎場に入るので、携帯電話の電源を切る、トイレを済ませておくといった注意が必要だ。
通夜が始まってからは焼香をする。基本的に読経、親族の焼香に引き続いて、一般の参列者の焼香となる。式が終わった後には通夜振る舞いがある。簡単に言えば食事である。しかし、これは宴会ではないため、飲みすぎて羽目を外さないように。逆に、この席を強く断ることもマナー違反なので気を付けたほうが良い。
では、いまいちど焼香の手順を確認しよう。右手の親指・人差し指・中指の3本で抹香をつまみ、目の高さまで持ち上げてから左の炭の上へ落としていく。宗派によって落とす回数は違うが、深くこだわる必要はない。また、数珠は左手にかけておこう。
葬儀も基本的には同じ流れである。大事なのは故人を敬う心だ。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ